効率的に窓掃除をするポイント

掃除の効率化を促すお掃除インフォメーションサイト

窓掃除に洗剤を使うための主なポイント

窓の掃除は手順さえ押さえれば一枚に付き数分で終わらせることもできる、効率化が非常に効果を発揮しやすい掃除の一つです。 窓掃除の効率化を図るために、窓掃除の基本的な流れをしっかりと押さえると共に、窓掃除において優先するべきポイントについても設定しておきましょう。 もっと読む

窓掃除の効率化を図るための基礎事項

窓を掃除するに当たり、内窓にこびりついた汚れや外窓の乾燥した汚れをはじめとした強固な汚れは、もっとも窓掃除を阻害する要因と言っても過言ではなく、通常は洗剤ないし専用の機器などを用いて対処するのが一般的でしょうが、専用の機器は相応の費用を要することと汎用性が低いことから効率的とは言えず、洗剤の使用は洗剤焼けという洗剤使用特有のリスクを抱えることから、手放しでお勧めできるかと言われると否定せざるを得ません。

専用機器を正しく使うことが窓掃除にプラスにはたらくことは当然ですが、洗剤の使用による洗剤焼けについてはお聞き及びでない方もおられるかも知れませんので洗剤の機能と併せて触れておくと、洗剤は強固にこびりついた窓の汚れや網戸・冊子の汚れを落とす補助効果が期待でき、洗剤自体の汎用性から利用の余地は十分にあるものの、この際用いる洗剤の成分が問題で、窓のガラス部分には酸性洗剤による酸がマイナスに、窓のフレームや網戸・冊子部分にはアルカリ性洗剤によるアルカリがマイナスに働き、洗剤焼けと総称される洗剤付着箇所の劣化が懸念されることから、洗剤の使用は窓掃除に必ずしもプラスにはたらくばかりではないわけです。

かといって、洗剤なしにしつこい汚れを落としたいからといっても、いちいち専用の機器を購入するのも不経済極まりないため、洗剤使用のタイミングや洗剤の種類を選んで使うことを考えた方が無難で、具体的には中性洗剤のみを利用し、洗剤を全体に広げるのではなく、十分に薄めピンポイントに強固な汚れを狙い、徹底的に水洗いを施すといった利用法が挙げられるでしょう。

時短と費用対策それぞれにおける効率化

基本的に窓掃除の効率化を図ることに成功すれば、時間短縮対策も費用対策効果も挙げられ、一石二鳥ですが、時間短縮対策と費用対策効果のどちらを重視するかによって、多少なりとも効率化が必要な部分には違いが生じます。 両者の相違を理解し、より適した効率化を選ぶべきです。 もっと読む

道具や天気を利用して窓掃除の効率化を図る

窓掃除の効率化を図るに当たって利用できるものは、少なくはありません。 既存の道具はもちろん様々な用具を流用することもできますし、場合によっては天気さえも窓掃除の効率化に利用できる場合があるので、道具や天気を用いての窓掃除の効率化について考えてみます。 もっと読む