もしかして、あなたの将来は名探偵かも?

探偵に必要な能力

多種多様な知識

皆さんには単なる「探偵」という職業でも、その業務内容は多岐にわたることを理解して頂けたでしょう。

しかし、多岐にわたるのは業務内容に関してだけでなく、依頼人一人一人によって業務を行う状況、環境が全く異なるのです。
調査の対象となる特定の人物の性別や年齢、調査の事柄、調査の場所など条件は多種多様に変化するのです。

その多種多様な状況や環境に対応できるように、調査員個人も多種多様な技術や知識を持ち合わせなくてはなりません。

探偵を目指している皆さんが、実力のある「探偵」になっていただくためには、色々な事柄に興味を持ち調べることによって多くの多種多様な知識を得るという事が大変大事なことであり、絶対的に必要なものとなります。

強靭な肉体と精神

「探偵」の仕事では、頭を使うだけではなく自ら足を運び体を動かして依頼を達成していくことが必要になります。

身辺調査の依頼では、依頼内容によっては睡眠時間などの時間を削り、1日の20時間以上を特定の人物の追跡、観察に費やすなんてこともしばしばある事なのです。
それらに耐えうる、肉体を鍛えておくことも必要になってきます。

それに依頼人の方々は離婚危機や裁判の最中など、皆さんにとって耐えうるような状況であることがほとんどです。
そんな非日常に日常的に関わらなければなりません。
そんな探偵としての日常において、自らの精神すり減らしていくようなことがあっては探偵失格です。
そのためにも、そういった環境に耐える事の出来る精神力も必要となるのです。

「探偵」という職業がいかに難しく、厳しい環境下で業務を行っており、メンタル、フィジカル面において大変負担のかかる職業という事が分かって頂けたかと思います。


TOPへ戻る