もしかして、あなたの将来は名探偵かも?

「探偵」になるためには?

探偵を名乗るためには?

それでは、「探偵」という職業になるための方法をご説明しましょう。
まず説明させて頂くのは自らの力で開業する事です。

「探偵」という職業には、必要とする資格があるわけでも、絶対的に必要とされる能力規定があるわけでもありません。
探偵業に関する規定についてしっかり理解したうえで行政に届け出を提出すれば探偵業の開業が可能となります。

しかし、探偵として開業に成功しても依頼がなければ財務状況はすぐに火の車です。
探偵という職業に対する陰湿なイメージや探偵業法が施行される以前に少なくなかった探偵による詐欺問題などの影響により信用の無い探偵会社に依頼が来ることはめったにありません。

そういったことを理解し、あらかじめ戦略などを練ったうえで開業することをお勧めいたします。

探偵の為の学校

皆さんは「探偵になるための学校」があるというのをご存知ですか?
大体の場合が探偵業を営んでいる個人、企業が自ら経営を行っている場合がほとんどになります。

探偵の学校では条例や憲法に関する知識や情報整理の方法など、本などでもある程度身に着けることが可能な内容から、実際の例などを用いた身辺調査や、信用調査に関する調査方法などの専門的な事まで学ぶことが可能です。

ただ探偵という通常の専門分野よりも特殊な分野に関して学ぶことになるので、学費というのは少々高額な金額になります。

しかし、上記に書いた通り既に探偵業を営んでいる母体が開業している学校では、卒業する人の中で優秀な人間として選抜された場合、直接の就職が見込まれているという利点もあるのです。

ここに述べた以外にも「探偵」になるためにプロセスは多くあると思われます。ぜひ情報のひとつとして受けとって頂き、将来探偵として活躍されることがを願っています。


TOPへ戻る