効率的に窓掃除をするポイント

窓掃除に洗剤を使うための主なポイント

窓掃除の基本的な流れ

ただ単に窓掃除をするだけであれば、窓掃除の目的である窓をきれいにすることさえ達成できれば問題ないのでしょうし、いちいち掃除の手順についてまで考えるような必要は無いのかも知れません。

ただ、効率的に窓掃除を熟したいのであれば話は全く変わり、あらかじめ手順を理解して窓掃除に取り組まないと作業効率に大幅な差が生じるため、窓掃除に効率性を求めるのなら、手順は把握しておくべきです。

基本的に窓掃除は、内窓と外窓で汚れの種類に相違が見られる点を除き、共通の流れで行うことが可能で、窓周りの掃き掃除を行い埃や砂埃を取り除いた後、水洗いを行い大まかな汚れを落とし、水拭きで固着した汚れを除去、最後に乾拭きで水分を取り除くのがオーソドックスな流れとなります。

掃除を始める前に決めておくべき優先順位

一口に効率性を追求するといっても何を重視するかによって、当然必要な対応は変わり、効率的な窓掃除も定型があるわけではなく、目的に応じて窓掃除に割く労力や道具類、水の量は変わってきます。

仮に、時短を重視した窓掃除の効率化を図るのであれば、窓掃除に割く時間と窓のきれいさが焦点であり、窓をきれいにしながらも時間は最小限に抑えることが目標となりますし、費用対策すなわち節約を重視して窓掃除を効率化するなら、窓を掃除するために使う水や道具の量を抑えつつ、窓をきれいに仕上げることに焦点が置かれ、窓を綺麗にするために支払うコストを可能な限り抑制することが目標となるわけです。

よって、窓掃除の効率化を図りたい場合、自分が窓掃除に費やす時間とコストを天秤にかけ、どちらを優先するかを決めておいた方が効率性は高まるでしょう。


この記事をシェアする