効率的に窓掃除をするポイント

時短と費用対策それぞれにおける効率化

時短に重きを置いた窓掃除

時短を優先した窓掃除を行う場合、窓を拭きやすい道具を選ぶことからはじめ、タオルでもスポンジでも構いませんので、より使いやすく短時間に窓一枚を拭くことができる道具を選び、同じく濡らした後に窓をスムーズに拭ける道具を選択して拭き掃除をしやすくすることが大切です。

拭きやすい乾拭き用と濡れ拭き用の道具が準備できたなら、水で洗浄して、濡れ拭きを施し、乾拭きを行うわけですが、掃除の頻度によっては汚れの定着が見られず、水による洗浄と水拭きの必要性は薄くなるため、毎日窓掃除を行うのであれば、内窓は乾拭きだけで事足り、外窓も水による洗浄の後に乾拭きで仕上げてしまっても問題はありませんので、掃除頻度と汚れの定着具合も勘案しておくと窓掃除を一層効率的に熟せるかも知れません。

費用対策を重視した窓掃除

窓掃除にかけるコストを少しでも抑制したいのであれば、おすすめの掃除用品は新聞紙で、使い勝手を度外視すれば新聞紙で乾拭きから濡れ拭きまで十分に行える上、新聞紙自体くしゃくしゃにしておけば表面の凸凹が汚れを吸着しやすくなるのに加えて、インクの成分が油の分解を促すことから油汚れに効果を発揮するため、手あかがつきやすい内窓との相性も良好です。

古新聞ならタオルや雑巾のように購入する必要性も皆無で心置きなく使い捨てできるので非常に便利なのですが、古新聞とは言え、破けすぎたりグシャグシャになり過ぎたりしてしまうと古紙として回収に出す際の手間が増すことも踏まえ、掃除効果を上げるために新聞紙をくしゃくしゃにしてから窓の面積に合わせ適切な大きさに折りたたみ、角のような掃除しにくい場所を掃除する場合は別途適切な形状に折って対応するなどの工夫は要します。


この記事をシェアする