効率的に窓掃除をするポイント

道具や天気を利用して窓掃除の効率化を図る

既存の道具や専用の道具を利用する

時短と節約の両面から見て既存の道具を用いれば窓掃除の効率化を図れることは間違いありませんし、一般に流通する窓掃除専用の道具を購入し使いこなすことができるのであれば、時短的にはもちろん労力まで考慮するなら節約としても十分に機能する余地があるなど、窓掃除の効率化に際して道具の利用は一考の価値がある選択となります。

特に、新聞紙のようにありふれているだけでなく使い捨てにしやすいものや他の箇所の掃除でも使う余地のある水切りワイパーのように汎用性の高い道具、洗剤のように需要が高くほとんどの家庭で利用されているようなものを流用もしやすいでしょうし、消耗が進むというデメリットを除き、ほとんど短所らしい短所も見られないので、積極利用を試みてはいかがでしょうか。

天気は窓掃除に利用できる

窓掃除の効率化において最も効果的なのは、水洗い・水拭き・乾拭きの三つを基本とした窓掃除を可能な限り短いサイクルで繰り返すことであり、一日おきや三日おきで窓掃除を行う時間と労力を確保できるのであれば、内窓は乾拭きのみで済む可能性がありますし、外窓は水洗いして乾拭きに短縮できる可能性があるため、短いサイクルでの窓掃除を繰り返すのが結局は窓掃除の効率化への早道でしょう。

この短サイクルでの窓掃除に負担を感じる場合、天気を有効利用することでも効率化は図れ、晴れの日は乾拭きを簡易にしても日光で補え、曇っていても湿度の高さから汚れが浮きやすくなり水拭きの負担が減じ、雨の日であれば雨水を水洗いや水拭きに利用でき節約につながるなど、天気を上手く利用できれば掃除サイクルの長期化によって生じるしつこい汚れを落とすに当たっての手間やコストを省きつつ、窓掃除を効率化できる場合もあります。


この記事をシェアする